コバルトサウンド - ステレオ鉄道走行音CDの専門レーベル
COBALT SOUND


【0894】
神戸市営地下鉄西神・山手線・北神急行 (谷上〜西神中央)
北神急行7000系
■収録 2008年2月 ■時間 41'16" ■車両 7501
■価格 テープ \1,000/MD \1,500/CD \2,000 2009年7月発売
試聴する名谷〜総合運動公園(2'20")
images六甲山を貫く山岳地下鉄
VVVF初期のサウンドが響く!



神戸市営地下鉄西神・山手線は、全長22.7kmの路線です。1977年に最初の区間である新長田〜名谷間が開業。以後、神戸市街地の三宮や新神戸はもとより、西神地区のニュータウンを結ぶ区間を延伸し、1987年に西神中央までの全区間が開業しました。1988年には六甲山を貫く形で北神急行電鉄が開業し、相互直通運転を開始しています。

始発駅の谷上は神戸電鉄との接続駅。ここを出た電車はすぐに全長7km以上にも及ぶ山岳トンネルに入り、勾配を市街地方面へ下っていきます。

新神戸では新幹線に、三宮では各線に接続。ここから板宿までは神戸高速鉄道とほぼ並行するように市街地の地下を走ります。

地上に顔を出す妙法寺より西の区間は、郊外の山を切り開いてできたニュータウンを走るため、地下鉄路線といえども地上区間が非常に多いのが特徴。駅間距離も長く、高架や切り通しを走る車窓からは変化のある風景が楽しめます。

収録車両の北神急行7000系は、相互乗り入れ先である北神急行電鉄の車両。1988年デビューの車両は三菱製GTO-VVVFを搭載し、元気の良い響きが少し時代を感じさせます。車体や編成の規格は乗り入れ先である神戸市営地下鉄に準じていますが、内装に目を転じると木目の内壁、オリーブ色の座席モケットなど「阪急色」の強いデザインが特徴です。

神戸市営地下鉄では車内での案内に自動放送が使われておらず、すべて車掌さんによるマイク案内となっています。全国の地下鉄でも珍しい光景ではないでしょうか。

images images
阪急らしいセンスを感じる落ち着いた雰囲気の車内。 終点・西神中央駅で神戸市営地下鉄1000系と並ぶ。