コバルトサウンド - ステレオ鉄道走行音CDの専門レーベル
COBALT SOUND


【0851】
阪急京都線 快速急行 (梅田〜河原町) 阪急9300系
■収録 2011年5月 ■時間 51'00" ■車両 9310
■列車番号
■価格 CD \2,000 2011年6月発売
試聴する茨木市〜高槻市(4'40")
images阪急京都線を俊足で駆ける!
最新鋭車9300系の快走
サウンド


阪急京都線の最新車両である9300系。2003年に特急用として新造されて以来、京都線で活躍を続けています。

長らく京都線の特急用車両であった6300系の2扉クロスシートから3扉へと変更された室内は、随所に阪急独特の設計思想やこだわりが生かされており、落ち着いた雰囲気。

阪急初となるIGBT-VVVF制御装置(東洋電機製)を搭載し、特急をはじめ快速急行や準急などで運用されています。

本作品では、平日の早朝に梅田駅を出発する快速急行を収録。十三、淡路、茨木市、高槻市、長岡天神、桂、西院、大宮、烏丸の順に停車していきます。全般的に直線が多く線形が良いため、電車の性能を生かした高速走行が楽しめるのも京都線の魅力の一つ。特に途中の駅間距離が長い区間ではスピードを上げて快走するサウンドを耳にすることができます。

images images
櫛形に整ったホームを持つ梅田ターミナルで出発を待つ、9300系の快速急行。 9300系内部の様子。木目調パネルやオリーブ色の座席モケットが阪急独特の雰囲気。