コバルトサウンド - ステレオ鉄道走行音CDの専門レーベル
COBALT SOUND


【0579】
特急「ワイドビューしなの10号」 (長野〜名古屋) 383系
■収録 07/7 ■時間 178'18" ■車両 クモハ383-7
■価格 テープ \2,000/MD \2,700/CD \3,200
試聴する長野〜篠ノ井 (9'43")
images長野駅10:50始発の「ワイドビューしなの10号」先頭車両に乗車。午前中の自由席は乗客も少なく、長野駅発車のチャイムが鳴るとクモハ383は大きくVVVFサウンドを響かせてホームを後にします。

長野新幹線と並走し徐々にスピードを上げて千曲川を渡ると篠ノ井。ここから先は山越えの区間となり、列車は右に左にとカーブを抜け左手に善光寺平を眺めながら走ります。

山を登り切った列車はトンネルを抜けて、山里の風景へ。単線の線路を走り、塩尻から先は単線がメインとなる木曽路の中央西線。きついカーブも振り子車両ならではのスピードで駆け抜けます。

中津川からは最高速度130km/hで飛ばし、名古屋近郊になるとタイフォンを鳴らしてホームを通過。

約3時間の長時間収録で大満足の内容です!