コバルトサウンド - ステレオ鉄道走行音CDの専門レーベル
COBALT SOUND


【0520】
東海道本線 「ホームライナー大垣31号」
(豊橋〜大垣) 373系
■収録 2012年2月 ■時間 94'28" ■車両 クモハ373-14
■列車番号 5981F (豊橋21:43 → 大垣23:15) 2012年10月発売
価格 CD2枚組 \2,700
試聴する刈谷〜大府(4'44")
images車内に響く爆音VVVF!
夜の本線を軽快に走り抜ける!



JR東海の汎用特急形車両・373系が使用される、名古屋地区のライナー列車。列車名(号数)を変えて毎日運転されています。6両編成で運転されているものの、運賃のほかに310円の乗車整理券が必要であること、通勤ラッシュをだいぶ過ぎた時刻(21時台後半)に豊橋駅を出るダイヤということにより、席が埋まることのあまりない「空いた列車」の一つです。それでも、フットレストの付いた座席シートや落ち着いた簡易デッキ付き2扉の室内は、311系や313系の転換クロスシートよりワンランク上の乗りごこちです。

列車は豊橋駅を出ると、383系でも聴くことのできる東芝製GTO-VVVFの爆音を響かせてグングン加速!キーンという速度感あふれるモーター音を響かせながら、次の蒲郡まで約10分をフルスピードで快走します。岡崎、安城、刈谷といった西三河の主要駅に停まっていきますが乗り込む乗客は非常に少なく、車内はいたって静穏です。

豊橋を出て50分あまり、名古屋駅に到着。6分停まりますが、停車するホームが通常の下り方面と異なることもあり乗客は少なめ。尾張一宮、岐阜で少しずつ降車があり、終点大垣駅ホームに滑り込みます。


なご