コバルトサウンド - ステレオ鉄道走行音CDの専門レーベル
COBALT SOUND


【0514】
東海道本線 新快速 (豊橋〜大垣) 117系
■収録 2010年1月 ■時間 96'53" ■車両 モハ116-47
■列車番号 5363F (豊橋21:18 → 大垣22:51)
■価格 CD2枚組 \2,700 2011年1月発売
試聴する安城〜刈谷(6'01")
images117系の素晴らしい走りっぷり!
甦るM
T54モーターの爆音サウンド!


京阪神地区の新快速用としてデビューした117系は、1982年に名古屋地区にも投入されました。快速用として活躍を続けてきましたが、311系・313系の増備で東海道本線の快速の最高速度が120km/hへと高められ、次第に活躍の場が狭まった117系。2010年現在は朝晩のラッシュ時に数本の運用が残るのみとなっています。

本作品では、わずかに残る新快速運用を、豊橋〜大垣で運転区間完全収録しました。豊橋を21時台に出発するとすぐに爆走開始。313系には及ばないものの、新快速ならではの少ない停車駅を生かし、117系トップスピードの110km/hで力走します。

床下から豪快にうなるMT54モーターサウンドは、国鉄形の音そのもの。往年の快速運用をよみがえらせる走りっぷりは感動ものです。愛知県内の主要駅に停車しながら、4連+4連の堂々とした8連で大垣を目指し、東海道本線を西に下ります。

往年のトップランナーにふさわしい走りを、CD2枚組でお楽しみください。

images images
豊橋駅8番ホームで出発を待つ117系新快速。向かい側には、この後出発の373系ホームライナーも。 列車は4両+4両の8両編成。このように非貫通の先頭車同士が連結する姿が見られる。
images images
2扉クロスシートが並ぶ車内。茶系でまとめられたシートや木目調の妻面が高級感を醸し出す。 東海道を走ること約90分、大垣駅に到着。117系のMT54爆音サウンド&素晴らしい走りっぷり!