コバルトサウンド - ステレオ鉄道走行音CDの専門レーベル
COBALT SOUND


【0428】
都営三田線・東急目黒線 (武蔵小杉〜西高島平) 東急3000系
■収録 04/2 ■時間 72'11" ■車両 3413
■価格 テープ \1,000/MD \1,500/CD \2,000
試聴する目黒〜白金高輪(2'23")
images都営三田線乗り入れの東急車
日立製IGBT-VVVFを搭載!



東急3000系は1999年、目黒線〜営団南北線、都営三田線への乗り入れ用として作られた車両です。当初は8両編成を組んで東横線に投入されました。その後、2000年秋の乗り入れ開始にあわせて量産車(2次車)が6両編成で登場しています。

東急では初めてとなるIGBT素子を採用したVVVFインバータ制御で、3M3T、加速度3.3km/h/s、最高速度120km/hという性能を持っています。

外観は、東急伝統のステンレス車体+赤帯は引き継ぎながら、表面のビードをなくしたフラットな側面に加えて黒帯が追加されている部分に新鮮さを感じます。1000系、2000系が9000系のマイナーチェンジ的なエクステリアを持つのに対し、3000系は完全な新車であるという印象を受けます。正面は貫通扉右寄せのデザインで、乗り入れ先の都営6300系や営団9000系、埼玉高速鉄道2000系とも似ています。大きなスカートが特徴的でしょうか。

室内は赤系でまとめられました。バケットタイプの片持ち式ロングシートに大型のそで仕切り、シート3人目と4人目の間にはポールが立つ・・・という最近の流行のスタイルをとっています。

気になるサウンド面は、奇数編成と偶数編成とで異なります。奇数編成のインバータは日立製が搭載され、「キーン」と鳴る高音から静かに起動していきます。加速時や高速走行時域のモーターうなり音は、非常にスピード感あふれるモーター音が特徴です。偶数編成では東芝製のインバータサウンドが楽しめます。こちらはJR東海の313系に似た音を奏でます。

この作品では3013F(奇数編成)に乗車し、武蔵小杉〜西高島平間で日立製インバータサウンドを収録しました。