コバルトサウンド - ステレオ鉄道走行音CDの専門レーベル
COBALT SOUND


【0420】
都営三田線・東急目黒線 (武蔵小杉〜西高島平)
都営6300形IGBT-VVVF車
■収録 00/9 ■時間 72'23" ■車両 都営6300形3次車
■価格 CD \2,000 ■発売
試聴する板橋区役所前〜板橋本町(1'59")
images都営三田線は昭和43(1968)年12月の開業から約30年後の平成12年(2000)年、全線開業しました。長い間、他の路線と乗り入れをしない地下鉄だった三田線電車も現在は東急目黒線に乗り入れ、東急や営団、埼玉高速鉄道の新しい車両と肩を並べて走っています。

この作品は起点・西高島平から三田線で都心を縦断し、東急目黒線の武蔵小杉までを都営6300系電車で収録しています。

都営6300系電車はサウンド面で大きく2つのタイプに分かれます。VVVFの制御素子にGTOを使用した1、2次車と、IGBTを使用した3次車。この作品では「シュルルル・・」という独特の起動音が特徴的なIGBT素子を使用した3次車に乗車します。