コバルトサウンド - ステレオ鉄道走行音CDの専門レーベル
COBALT SOUND


【0414】
東京メトロ千代田線・常磐線各駅停車 (代々木上原〜柏)
E233系2000番台
■収録 2011年5月 ■時間 63'20" ■車両 モハE233-2407
■列車番号
■価格 CD \2,000 ■発売 2011年6月
試聴する根津〜千駄木(2'01")
images千代田線乗り入れの最新形式
小気味良い加速音が車内に響く!



E233系2000番台は、203系を置き換える目的で2009年より投入された千代田線乗り入れの最新形式です。地下鉄乗り入れのJR車両では初の「E233系」を名乗ります。

同線で活躍する209系1000番台と同じく、拡幅車体でないストレートな車体断面を持つのが特徴です。また、E233系でありながら中央線の0番台、京浜東北線の1000番台とは異なり前照灯が窓下にレイアウトされています。こういった点から、外観の全体的な雰囲気は同じく千代田線に乗り入れる小田急4000系に似ています。

制御装置などの走行機器は0番台・1000番台と共通であるため、中央線や京浜東北線でお馴染みのIGBT-VVVFサウンドが聞こえてきます。車内アナウンスは千代田線内・JR線内それぞれ各社共通の自動放送となっています。

本作品では、まだまだ活躍を続ける203系や東京メトロ6000系のサウンドも、途中停車駅で開いたドアから聞こえてきて楽しむことができます。