コバルトサウンド - ステレオ鉄道走行音CDの専門レーベル
COBALT SOUND


【0395】
東海道本線 快速「アクティー」 (小田原〜東京) 211系
■収録 02/5 ■時間 72'05" ■車両 モハ211-2012
■価格 テープ \1,000/MD \1,500/CD \2,000
試聴する川崎〜品川(8'32")
images211系が本線を快走!
MT61が奏でる軽快なサウンド



東海道線を俊足で駆ける列車は東西いろいろありますが、東京口を代表する列車の一つがこの「快速 アクティー」ではないでしょうか。最高速度の面で派手な話題はないものの、113系や211系が長い駅間距離を性能いっぱいのフルスピードで疾走するサウンドは聴きごたえがあります。

小田原発21:50の快速アクティー号は、東京行きの同列車のなかでも最終の列車。夜も遅い小田原駅には、これから東京方面へ向かう乗客をわずかに乗せた211系が停車中です。小田原を出ると、停車駅が少なく程よい駅間距離を、見事なスピードで走り出します。停車駅は、国府津、平塚、茅ヶ崎、藤沢、大船、横浜、川崎、品川、新橋、東京。国府津〜平塚間や大船〜横浜間は駅間距離も長く、深夜の静かな車内での収録を楽しめます。ほぼ直線に近い線形を211系ならではのモーターサウンドと軽やかな足回りで走ると、あっという間に都心が近づいてきて、小田原から70分で東京駅に滑り込みます。