コバルトサウンド - ステレオ鉄道走行音CDの専門レーベル
COBALT SOUND


【0303】
山手線 外回り (品川〜外回り〜品川) E231系500番台
■収録 03/5 ■時間 63:29 ■車両 モハE230-545
■価格 テープ \1,000/MD \1,500/CD \2,000
試聴する田町〜品川(4:08)
images首都・東京を代表する車両
早朝の都心をグルッと一周!



2002年にデビューし、あっという間に205系を置き換えて首都・東京を代表する新しい顔となった山手線のE231系500番台。山手線ラインカラーのウグイス色帯を身にまとい、0番台と比べて凛々しく小改良された前面スタイルが特徴的です。

車内ではドア上部に設置された液晶ディスプレイで各種情報サービスが提供され、乗客サービス向上が図られています。VVVFインバータサウンドのほか、サウンド面で注目したいのは減速〜停車時に聞こえてくる「純電気ブレーキ」と呼ばれる回生ブレーキの音。列車停止寸前まで聞こえてきます。

そのほか、各駅の発車メロディーや駅での臨場感あふれる雑踏の音など、都心をグルッと一周する山手線電車ならでは魅力がたっぷりです。

収録は早朝に行いました。静かな車内環境の中、お馴染みの駅にこまめに停車していく山手線の走りを楽しめます。