コバルトサウンド - ステレオ鉄道走行音CDの専門レーベル
COBALT SOUND


【0235】
信越本線 快速「くびき野1号」
(新井〜新潟) 485系
■収録 2014年12月 ■時間 146分 ■車両 モハ484-1057
■列車 快速 3371M (新井 6:55 → 新潟 9:18) 2015年2月発売
種類: mp3形式
価格: \2,900
試聴する春日山〜直江津(5'43")
images485系K-1編成のロングラン!
都市間連絡快速の走りを堪能!


信越本線の快速「くびき野」号は、新潟県内を縦断して走り主要都市を結ぶ列車です。特急料金が不要なために、一部列車は通勤通学にも利用されています。

2014年現在、全国的に数を減らして貴重な存在となった485系が運用されています。快速ながらも特急と同等の少ない停車駅や、グリーン車(半室)や指定席車も連結しており、往年の485系特急の雰囲気が味わえる列車となっています。

収録は、早朝の下り「くびき野1号」で始発・新井駅から終点・新潟駅まで運転区間完全録音を行っています。新井から直江津までは、高田と春日山のみに停車。ジョイント音を刻みながら頸城平野を走ります。直江津からはいよいよ本線を走行。スピードを上げて疾走します。特に柿崎〜柏崎間は波しぶきがかかるような海岸沿いを走る区間。冬の日本海を横目に、MT54モーターを響かせて力走する迫力あるサウンドが楽しめます。柏崎〜長岡間は海岸線から離れ、峠越えとなる区間。駅間距離も長く、モーターのうなり音も増します。長岡〜新潟間は越後平野に点在する主要駅にこまめに停まって行きます。終着・新潟が近づくと、乗り換え放送も楽しみの一つ。各線への連絡放送がなされ、大ターミナルを感じさせます。

約2時間半のロングランで、実際に乗車している臨場感をどうぞお楽しみください。