コバルトサウンド - ステレオ鉄道走行音CDの専門レーベル
COBALT SOUND


【0205】
急行「きたぐに」 (大阪〜新潟)
583系
■収録 2010年11月 ■時間 8時間47分50秒 ■車両 モハネ583-66
■列車番号 501M (新津〜新潟間 3527M)
■価格 CD〔mp3版〕 \5,900 ■発売 2012年4月
試聴する大阪〜新大阪(5'56")
images大阪〜新潟 8時間50分!
夜行列車の走りを満喫!



2012年3月をもって定期列車が廃止された夜行急行「きたぐに」。長らく、大阪〜新潟を結び583系を使用する貴重な列車として活躍を続けてきましたが、残念ながら毎日乗ることができなくなりました。

この作品では、定期運用時代の「きたぐに」に始発から終点まで乗車し、完全収録音源を使っています。トータル8時間以上にも及ぶ長時間収録のため、お休み時のBGMなどには最適です。すべての停車駅でトラック区切りがしてあるため「今どの区間を走っているか」も一目でわかることでしょう。

大阪駅に堂々10両編成で停車する583系。まだ廃止アナウンス前であり、平日の夜行列車は乗り込む人もまばらです。23:27、ホームで発車のアナウンスがあると、いよいよ発車。ゆっくりとホームを離れ、「きたぐに」は深みのあるモーター音をうならせてタタンタタン・・・と大阪駅の構内ポイントを渡ります。懐かしい鉄道唱歌のオルゴールが響き、続いて流れるのが編成の案内。新大阪を出ると停車駅がアナウンスされ、京阪間の線路をMT54モーターを響かせ力走します。

京都では、接続する嵯峨野線の列車に遅れが生じたために「きたぐに」も発車時刻を約20分遅らせて待ち合わせ。その後は遅れを回復するべく高速運転で琵琶湖線を駆け抜けます。大津を出ると、直江津停車前まで車内放送が省略される旨のアナウンス。停車駅と時刻が読み上げられ室内も減光されます。米原で北陸本線に入り、さらに山岳区間へ。北陸トンネルや福井、小松、金沢の高架駅など深夜で景色が楽しめなくてもサウンドの変化を楽しめます。

金沢には3:11着で3:47発と約30分の長時間停車。誰もいない構内で出迎えるのは、室内灯が消えた475系。国鉄形同士の顔合わせです。北陸の中規模駅にこまめに停車するため、夜行列車といっても10〜20分ごとに停車があります。

早朝5:50頃、直江津停車の数分前に車内放送が復活。本日の日付が放送されるのは夜行列車ならではの貴重なシーンです。直江津では約20分停車。早朝に運転されるほくほく線快速に接続しており、東京方面へ連絡しています。直江津から先は新潟県内の主要駅に停車。乗り込む乗客はほぼ皆無ですが、一駅ごとに数人降りていきます。長岡で14分停車した後は新潟平野を快走!朝の通勤通学時間帯でもあり、新潟色115系と何度もすれ違います。新津からは快速列車扱いとなり、自由席車両には沢山の乗客が乗り込んできます。途中の亀田でも通勤客を拾うと、「きたぐに」はついに新潟駅へ。連絡する列車を案内する長いアナウンスがあった後、8:29にゆっくりとホームにすべり込みます。


images images
B寝台の様子。3段の開放式は時代を感じさせるが、慣れれば夜行バスより快適!? 深夜の京都駅に停車。接続する嵯峨野線の列車遅れの関係で、出発時刻に変更が・・・
images images
早朝6時、新潟県に入り直江津駅に到着。ほくほく線の快速に乗り、首都圏方面へ向かう乗客の姿も。 新潟駅に到着。途中の新津駅からは快速扱いになり、自由席に通勤客も乗ってくる。



mp3版とはどのようなものですか?
音源をmp3形式でデータ圧縮したファイルにし、CDに記録しています。
データ圧縮することで、8時間を越える長時間の音源も1枚のCDに記録することが可能になります。

CDはどうやって再生できますか?
・Windowsパソコンであれば、標準で入っているWindows Media Player(ウィンドウズ メディア プレーヤー)を使って再生できます。

・CDラジカセやコンポ、カーステレオでも「mp3形式対応」機器が増えており、通常の音楽CDと同様に再生することができます。

・CDをパソコンのCDドライブに入れ、mp3ファイルをパソコンを経由してiPhoneなどのスマートフォンやiPodなどの携帯音楽プレーヤーへコピーすることも可能です。

mp3ファイルのスペックについて教えて下さい
・ビットレート: 256kbps〜320kbpsの可変ビットレートでmp3ファイルを作成しています。全体のファイルサイズを小さく抑えながら、高音質を保っています。

・メタ情報: mp3ファイルは「メタ情報」と呼ばれるデータを内部に保有することができます。データは、作品タイトル名、車両、収録区間、各トラックの区間名、ジャケット画像などです。パソコンや携帯音楽プレーヤーで再生する際にこれらの情報が表示され、便利です。