コバルトサウンド - ステレオ鉄道走行音CDの専門レーベル
COBALT SOUND


【0193】
仙台市地下鉄 南北線 (富沢〜泉中央) 仙台市1000系チョッパ車
■収録 08/11 ■時間 30'05" ■車両 1314
■価格 テープ \1,000/MD \1,500/CD \2,000 ■発売 2009年11月
試聴する五橋〜仙台(1'47")
imagesチョッパサウンドも軽快に走る
杜の都の地下鉄!



仙台市地下鉄南北線は、1987年に開業した東北地方唯一の地下鉄。文字通りに仙台の市街地を南北に貫く、14.8kmの路線です。ここを走る1000系電車は開業時からの車両で、4両編成で運転されています。南北線では当初からワンマン運転が行われていたため、車両もそれに対応し運転席は進行方向の右側に設置されています。また、加減速を乗り心地が良くなるように自動的に制御する「ファジィ制御」を日本の鉄道車両としては初搭載しています。これら新機軸が評価され、1988年にはローレル賞を受賞しました。

長らく「電機子チョッパ制御」「非冷房」「字幕式の行先表示器」という装備でしたが、2004年より更新工事が行われた結果、「VVVFインバータ制御」「冷房化」「LED式の行先表示器」に更新されています。

南北線の始発駅・富沢は、駅の南方に車両基地を有する島式1面2線の高架駅。ここを出た列車はすぐに地下に潜り、長町南へ。次の長町はJR東北本線との乗り継ぎ駅。周辺は再開発が進行し「長町副都心」と呼ばれることも。長町一丁目、河原町、愛宕橋付近は仙台の下町。交通の便がよいことから駅周辺はマンションも目立ちます。五橋を出ると、ターミナル・仙台。東北最大の都市・仙台の表玄関としてJR各線と乗り換えができます。広瀬通、勾当台公園、北四番丁はデパートや商店街、オフィスが立ち並ぶ地域。勾当台公園は県庁・市役所が集まる官庁街の最寄り駅でもあります。

仙山線との乗換駅である北仙台を出ると、台原森林公園のある台原へ。次の旭ヶ丘はホームが半地下にあり、ホーム西側からはフェンスを通して森林公園の風景を見ることができます。黒松を出ると完全に地上を走り、ため池や林を高架橋で越えていきます。八乙女は1992年に延伸されるまでは終点だった駅。バスターミナルを有し、泉区の各住宅街へバスが発着します。高架のまま七北田川を越えると再び地下に潜り、終点・泉中央駅に到着します。

本作品では更新工事前のチョッパ制御車両にて収録を行っています。加減速の際のチョッパ音はもちろん、駅ホームの発車サイン音やドア開閉音などを楽しむことができます。


images images
八乙女〜泉中央間ですれ違う1000系電車。車体に巻かれたグリーンの帯は杜の都をイメージ。 ホームに滑り込む1000系電車。09年度から各駅で可動式ホーム柵が設置された。(写真は設置前)